トップページ > 耐震補強
耐震補強

建物を建築する時の基準となる建築基準法は、大きな地震で被害を受けるたびに改正(平成12年5月改正) されているので、過去の基準で建築されている建物については、現行の基準を満たしているかどうか調査が必要になります。

  1. まずはご自分の家の築年数をチェック。
    昭和56年以前に建てられた家は必ず耐震チェックを!
    昭和56年より前に建てられた家は、現在求められている耐震性能よりかなり低い基準で建てられており耐震診断を行なう必要性が高いと言えます。
  2. 正しく耐震診断を受け、工事を行ないましょう。
    まずは簡単な耐震チェックを行なって参考にし、工事の際には専門家による診断を受けて行なうことが大切です。

耐震診断イメージ

屋根裏
雨漏り、柱と柱の接合部。
柱の継目
柱と柱の接合部。
外壁
壁の塗料の劣化。壁面の亀裂。
床下
柱と柱の接合部。柱の腐食(シロアリ)
壁の中
鉄筋の確認。内部の亀裂。水の浸食による腐食